【脈動する5つの心臓力強く指先にまで命を伝える鼓動の声。】



それは生命のリズムを感じさせ、脈々と受け継がれてきた
原初から現在までの歴史を内包しています。
ドライブペダルにもまた現在へと繋がるはじまりがあり、
その長い歴史を形作ったのは間違いなく”あのサウンド”なのです。
われわれ、KarDiaNが送り出す初のファズペダル、
その名は「ビタミンC」です。
数多く存在するファズペダルの中でもひときわ異彩を放ち、
なおかつ絶大な人気を誇るあの“3ノブの巨大なペダル”。
そのオールドには、より魅惑的なサウンドが存在し熱心な
ファンの心を掴んで離しません。
しかしビンテージならではの、いわゆる現代の現場環境にそぐわない
仕様がいくつか存在していました。
そんな中、われわれは貴重な“70年代のイラスト入り”の個体を入手し
それを分析することに尽力しました。
そこからさらに現代におけるあり方を定義し直そうと開発に挑みました。
C6H806/ビタミンCは、通常用いられる4つの心臓(トランジスタ)ではなく、
トランジスタとFETからなる5つの心臓を備えています。
それにより、ゲイン量を落とした際にも煌びやかな高音が失われず、
未体験のオーバードライブサウンドをもたらしてくれます。
加えてファズペダルには珍しい2EQの採用により、
さらに自在なサウンドメイキングが可能です。
また5つの素子でゲインアップを分割したことにより、
前段に接続されたバッファーペダルの影響を受けにくく、
現代のシステムボードに合わせた自由なレイアウトが選択できます。

それはあのオールドファズのDNAと現代のギタリストが求める繊細な仕様なのです。

・KNOBS
VOLUME…全体の音量をコントロールします。
現代の使用に合わせて設計された音量幅はどんなプレイ環境にも適応します。

FUZZ…歪みの量をコントロールします。
時計回りに回していくことによりゲインの高い歪みを得ることができます。

BASS…低音の量をコントロールします。またセッティングにより70年代イラスト入りの個体から
90年代のロシア製の個体といった名機のキャラクターを再現することも可能です。

TREBLE…高音の量をコントロールします。
ファズの荒々しさを強めたり、ウォームなオーバードライブトーンを作ることも可能です。
またBASSと合わせて使用することにより更に幅広いサウンドキャラクターを作り出すことが可能です。

・COMPONENTS
シグナルラインを担う抵抗にはアムトランス社の非磁性体素材を使用し、ビンテージライクなあたたかみや柔らか
さを持ちながらも徹底したノイズレスを実現させました。カップリングコンデンサにMallory150を使用することで
ファズサウンドに独特の倍音を付加し伸びやかなサスティーンを与えます。

・SPECS
トゥルーバイパス
9VセンターマイナスDC電源(電池可)
寸法 121mm(W) × 72mm(D) × 55mm(H) 282g


お問い合わせフリーダイヤル:0120-37-9630